LA QUINTA CLUB

初夏のある日、クラブ競技を終えたメンバーの中から、
「一週間くらい、北海道あたりでゴルフ三昧って、ええやろなあ」「それやったらアメリカ西海岸に行くって言うのもええぜ」
そんな会話があって、気の置けない仲間とのゴルフの旅が始まりました。1992年のことです。
LA QUINTAというのは、最初のツアーで行ったパームスプリングのリゾートコースの名前からいただきました。
メンバーは鈴鹿CCを中心に、三重白山、伊勢湾など、いろいろで、遠慮の要らないゴルフ好きなら誰でも気軽に参加していただいています。

クラブマーク

メンバー写真

選手名鑑(?)

ラ・キンタクラブの仲間は約12、3名。ツアー参加者はその年により4名〜8名。選考基準はなく、気の合いそうな人なら誰でもいいのです。三重県津市、鈴鹿市周辺の住民が中心です。
例えば、1995年のツアー(上の写真・ロイヤルトルーン)の参加者は、右から、
 ゆうちゃん=地方大手銀行支店長・S20年生まれ・HCP7
 やっさん=同・S21年生まれ・HCP12
 はしやん=三重県の大手某土建会社社長・HCP11
 たけやん=地方大手銀行支店長・S21年生まれ・HCP4
 なべさん=同・S22年生まれ・HCP16
 あらちゃん=空手指導員・S22年生まれ・HCP6
 武ちゃん(私)=印刷屋社長・デザイナー・S17年生まれ・HCP9
 こうへいさん=酒造組合専務理事・S?生まれ・HCP5
(いずれも当時)
という具合です。常連、あるいはたまの参加の人もいろいろです。



旅のカタチ

ラ・キンタクラブの旅は、あくまでゴルフをしに行く旅で、観光は二の次。
ツアーレポートのページを見ていただけばお分かりでしょうが、到着したその日からラウンドというのが普通です。
期間は通常、土曜日から次の週の日曜日まで9日間です。
格安航空券を利用し、レンタカー、モーテル(アメリカ・カナダ)、B&B(イギリス・アイルランド)を基本としていますが、リゾートなどで関連のホテルにやむなく豪華に宿泊という場合もあります。
ゴルフ場は「ゴルフダイジェスト・世界のベスト100」などを参考に、憧れのコースを目指します。
費用は、航空券、レンタカー、プレイフィ、食費、宿泊などすべてを割り勘にしていますが、大体24万円から30万円程度で収まっています。



TOPページへ