6月17日(土)
関西空港10:00—(KE721)—ソウル11:30、13:15—(KE907)—ロンドン・ヒースロー18:15、21:00—(BD014)—グラスゴー22:15—レンタカー・チェックアウト後、ホテルへ。

6月18日(日)
ザ・タウンハウス10:30—ターンベリー・ホテル(第1戦・ターンベリー・エイルサ・コース)14:00TEE・OFF—ターンベリー・ホテル

6月19日(月)
ターンベリー・ホテル09:30—(第2戦・ロイヤル・ツゥルーン・ゴルフクラブ)10:00,15:30—セント・アンドリューズ18:00

6月20日(火)
セント・アンドリューズ滞在(第3戦・セントアンドリューズ・ニューコース)

6月21日(水)
(第4戦・セント・アンドリューズ・オールドコース)17:30—ミュアフィールド(ガレーン)

6月22日(木)
(第5戦・ミュアフィールド)15:30—エジンバラ16:15

6月23日(金)
エジンバラ08:00—エジンバラ空港10:00—(BA4743)—ロンドン・ヒースロー11:15—(第6戦・ウェント・ワース・ゴルフクラブ)12:30,19:30—ロンドン

6月24日(土)
ロンドン見物—ロンドン・ヒースロー(KE908)——

6月25日(日)
——ソウル17:20,18:30——(KE722)——関西空港20:00


スコットランドのジ・オープン開催リンクスへ

 ジ・オープンを訪ねて、その2回目。
 参加者は八名。スコットランドの概要は前回のツアーレポートでご紹介しましたので、今回はコースを中心に報告しましょう。

Turnberry

https://www.turnberrygolfclub.net/

 第1戦はターンベリーホテル・エイルサコース。最終日最終組で中島常幸がグレッグ・ノーマンとプレイしたコースです。

 やはり典型的なリンクス・コース。まっすぐ打って、山っ気を出さずにまじめで、控えめな態度を要求されます。
 スコットランド西海岸、グラスゴーから約1時間。素晴らしいリゾートホテルのコースで、当時は日本資本の経営であったが、バブル破綻。しかし、現地では「あはは、そのうち返ってくるよ」と笑っていたようで、経営が変わってホテルもコースもちゃんと継続されている。

 苦労してワンラウンドを終え、プールでひと泳ぎし、居眠りをしていたら、ホテルの前のショートホールを72ホール回っていたものがいて、あきれるやら、そのスタミナに驚くやら…。

Royal Troon

https://www.royaltroon.co.uk/

豪華なターンベリーホテルの一夜を過ごし、翌日は30分ばかり離れたロイヤル・トゥルーン。
 ロイヤル・トゥルーンはC・モンゴメリーのお父さんが支配人をつとめる名門中の名門。ビジターの受け入れは月曜日〜木曜日。
 すぐ前には第一回全英オープン開催コース「プレストウィック」がある。
 伝統的なリンクスそのもののコースであるが、なかで、8番のショートホールはサイプレスの16番、オーガスタの12番、ペブルビーチの7番などとともに世界のショートホールのベストテンにあげるプロも多く超有名。
 ホームホール18番は石造りのクラブハウスのガラス窓に向かってのグリーン。我々ヘボでもバーディーもありのホール。ただし、グリーンをオーバーさせてラフまで行ってしまうとトリプル確定。
 おすすめは、あがってからのハウスでの昼食。スナックルームもあるが、ジャケット、ネクタイを着け、食堂でがいい。おいしいうえにボリュームたっぷりのお好みバイキング方式。
 食堂に入る前にロッカールームの洗面、シャワールームをのぞいておこう。これがまた、クラシックでいいんです。タイル貼りの洗面台、タオルの並べ方、雰囲気、まさに古きよき名門なんだなあ〜!

St Andrews (New Course)

https://www.standrews.com/Play/Courses/New-Course

ロイヤル・トゥルーンからグラスゴーを経てセント・アンドルーズへ、約2時間。
 オールドの前に今年はニューコース。
 ニューコースと言っても、これはオールドに対してであって、1896年創設の世界中のどんなコースと比べても引けを取らない歴史を持っている。6604ヤード、パー71.SSS(日本でいうコースレート)72。
 オールドは女性を除きカート禁止だが、ここでは誰もがカーとでのプレイ。
 前年は工事中であったクラブハウスも完成し、そこで昼食をしてスタート。オールドを意識するせいか、気持ちがのんびりして、リンクスを楽しんでいる自分に気がつく。

 セルフで回るために「ストロークセーバー」という小冊子が売られていて、左の図のようにティーグランドからどこに打っていけばいいかなどが示されている。

St Andrews (Old Course)

https://www.standrews.com/play/courses/old-course

 リンクス近くの宿で一泊し、オールドコース。
 昨年の経験があるので、気持ちがずいぶん楽である。
 1番はあまり左へ逃げず、ショートアイアンできっちり止まる球で乗せる。2番はひたすらまっすぐ、2打目も無理をしない…、などとキャディーと相談しながら楽しんでいたら、アウト41。16番まで7つオーバー。かすかに70台を意識。もちろんそんなわけにはいかず、17番ダボ。トータル81。
 しかし、余裕というのは恐ろしいもので、初めてオールドを回る仲間からはガッポリ!ウヒヒ…。
 そこで、リンクスのヒントをひとつつかんだ(ような気になった)こと。
 それは、何か一つだけ気をつけること。わたしの場合は「絶対にラフに入れない」であったが、しばらくして、2000年のジ・オープンでのタイガー・ウッズを見ていたら、彼も私と同じようなことを考えたようで(どこが同じや!)、彼の場合は「バンカーは絶対入れない」だったようだ。
 上の写真は、17番のトミーズバンカー。左から3人目が私。

Muirfield

https://www.muirfield.org.uk/

 セント・アンドルーズからエジンバラを抜け、ガレーンへ。
 ガレーンにはそのままの名前の有名なガレーンゴルフリンクス、近くには古きよき名門「マッセンバラ」があり、心惹かれるが、やはり昨年に続きジ・オナラブルカンパニー・オブ・エジンバラ・ゴルファーズ、通称「ミュアフィールド』へ。
 前日の宿、「ゴルフ・イン」はガレーンの町の中。ミュアフィールドまでは5分とかからない。まさに町のゴルフ好きが集まってくるパブを有するホテル。
 ここもまた二度目であり、勝手知ったる気でティーオフ。が、そこはゴルフ。そううまくはいかない。昨日に引き続き「ラフを避け」る作戦であったが、ことごとくラフで苦しむことになった。つまり、自分でラフを避けていても腕前が避けない。で、「なに、やっとんのや!」となって、つぶれていく。前日うまくいったのでよけい落ち込む。
 そこでまたひとつ、教訓。
 リンクスでは、すべての状況を楽しむこと。(それがゴルフちゅうもんだろうが…)

エジンバラで

 ラフの状況で、どうするかを楽しむ、残り150ヤードあってもサンドウェッジでうまく出せたら、「いいぞ!」と納得すること。
 そう思ったせいでもないだろうが、後半のハーフは3オーバーで18番。が、こんどは残り120ヤードのバンカーから3打かかってトリプルボギー。

Wentworth Golf Club

http://www.wentworthclub.com/

 エジンバラから朝の飛行機で、ヒースローへ。荷物を預け、タクシーでウェントワース。
 わが青木功が”世界の”の肩書きをものにしたマッチプレイの開催地。われわれも「どんなもんやろ?」の気持ちで挑戦。もちろん西コース。
 おしゃれで豪華なクラブハウス。
 コースは林間で、ゆったりとしている。スケールは大きいがアメリカのような「パワー絶対優先」ではなく、攻略のルートはきっちり決まっている。17、18番、ロングホールが続いてのフニッシュだが、なまいきを言うと、ちょっと疑問。とくに18番のパー5はやさしすぎると思う。
 サニング・デール、サンドウィッチ、ウォルトン・ヒースなどのイングランドの他のコースはどうなんだろう?という思いに駆られた。