1993年カリフォルニア
地図

9月18日(土)
大阪空港18:35—UA810—サンフランシスコ空港11:05(以後レンタカー)—ゴールデンゲートブリッジを経てAdobe Creek Golf Course—ソノマ—

9月19日(日)
Sonama Golf Club—サンフランシスコを経て—ハーフムーン・ベイ<ハーフムーン・ベイ・ロッジ>

9月20日(月)
Half Moon Bay Golf Links—1号線を経て—カーメル<コロニアル・テラス・イン>

9月21日(火)
Spyglass Hill Golf Course—ぺブルビーチ<ペブルビーチ・ロッジ>

9月22日(水)
Pebble Beach Golf Links<ペブルビーチ・ロッジ>

9月23日(木)
Pebble Beach Gokf Links—Poppy Hills Golf Course—カーメル<コロニアル・テラス・イン>

9月24日(金)
Old Del Monte Golf Course—サンフランシスコ<スター・モーテル>

9月25日(土)
サンフランシスコ空港12:20—UA809—

9月27日(日)
—大阪空港17:10


9月18日(土)

 ラキンタクラブ、第2回は再び西海岸。

前年、ペブルビーチを目の当たりにしながらかなわなっかったプレイを!と出かける。
参加者7名。
AVISレンタカーはミニバスとオールズモビル。

 まずはサンフランシスコを北上し、ゴールデン・ベイ・ブリッジを渡ってソノマのす
ぐ北のアドベ・クリーク・ゴルフコース(6825Y/P72/rate72.6/GreenFee$55Weekend).

R・T・ジョーンズ・ジュニア設計のこのコース、リンクスの雰囲気。トレンド・ジョー
ンズらしい雄大で美しく、グリーンはめちゃ早い。

日本のオービックが経営。食堂にはうどんなどもある。

 3時前にスタートして7時終了。今夜の宿はソノマまで行ってておこうとするも、ど
こも満室。なにかイベントがあるらしい。

 探しながらサンタローザあたりまで来てしまい、いまもって名前の思い出せないモー
テルで、しかもダブルの部屋三つしかなく、男同士ダブルベッド。(クセにならなけ
ればいいが…)

9月19日(日)

 9時30分に出発。 101を南へ。37で降りて121に入り、12に入り、ソノマ・ゴルフクラブ(7069Y/P72/rate73.5/GreenFee$80)
昨年のプリシマを設計したロバート・ミュラー・グラバスがリデザイン。長めであるが落ち着いたいい林間コース。 ここも日本の富士パンの経営だが、食堂に日本の食べ物があるくらいで、雰囲気はまったくアメリカン。
 コースを6時に出発し、シスコまで45分。101が渋滞し1時間くらい時間ロス。
1号線に入り、8時30分、ハーフムーンベイ・ロッジ(ツイン1部屋$77)。
ふと窓の外を見ると、すでにコース。


9月20日(月)

 朝起きると外はもやっていて、ゴルフコースのスプリンクラーが水をまいている。
昨夜は夕食の後、温水プール、ジャグジーなどでリラックス。

 ハーフムン・ベイ・ゴルフリンクス(7050Y/P72/rate74.5/Greenfee$65)のスナックで朝食。
コースは長くグリーンは早い。
高級な住宅地の中にあり、ボールを大きくそらすと屋根に当たったりする。なかなか骨の感じられるレイアウトで、17番に突然海の景色が現れ、18番は太平洋に面したすごい景色。
ビールを飲んで、一路1号線を南へ。ガスを入れ、スーパーによってお土産を買い、パンとコーヒータイム。大きな本屋さんがあったので、イギリスの地図と「全米ベストパブリックコース」を買う。 1号線をさらに南へ。モントレーに入りカーメルへ。オーシャン通り、カーメルプラザの前を海の方へ行き、コロニアルテラス・イン。

 このモーテルは、ゆったりとしていてスィート、コンドミ風の部屋もあり、暖炉に電飾のタキギがあったり、キッチンもカンペキ。
再びスーパーへかい出しに行き、豪華に自炊パーティー。


9月21日(火)

 朝はカップヌードル。ロビーでサービスのコーヒー。
17マイル・ドライブはスパイグラス・ヒルおよびペブルビーチ・ロッジに予約がしてあるので名前を言ってパス。

 スパイグラス・ヒル(6810Y/P72/rate76.1/GreenFee$100(Resort guest))はR.T.ジョーンズ・シニアの設計。4人と3人だったので、3人のほうにハンティントン・ビーチの保険屋のおっさんを入れてあげる。五十面、「ポールと呼んでくれ」なんちゃって…。

 さすがに難しい。とくにコースの脇にある白い砂(バンカーでもない)がくせもの。全体に荒削りな感じがするが、フェアウエー、ラフ、グリーンの組み合わせがすばらしい。難しいが嫌味のないオーソドックスな雰囲気が漂っている。 18番のティーショットを終えたポールおっさん、携帯電話。グリーンに若くてべっぴんの感じのいい奥さんが出迎え。聞けば「あれでも41才なんよ」なんちゃって…。ちぇ!
俺たちゃ色気ゼロのおっさん7人組。

ペブルビーチ・ロッジへ。
 予約のときお世話になったヒデミさんを呼び出すも、今日はオフ。お土産をことずてる。チェックインをしてカーメルへ。ビレッジ・ゴルフをのぞくがいいものはない。シーフードレストランで中間パーティー。
10時過ぎロッジに帰る。ロッジはさすがにチョウ豪華。部屋の暖炉は九月だというのに本のものマキが燃えている

9月22日(水)

 朝、カーメルに出てオムレツ。
パシフィック・グローブ・GLへ行き、ビッグバーサ5番とボール2ダースを買う。

 ペブルビーチ・ゴルフリンクス(6721Yards/P72/rated75.0/GreenFee$150(Resort guests))13:18スタート。我々の組は三人なのでマイクさん夫妻と一緒。プレーはマイクさんだけ。
 出だしは平凡な感じだが、6番(ロング、チップインバーディー!)あたりからすごくなり、7番は107ヤードのショートホール。左目でワンバウンドで海。ダブルボギー。8番、セカンド左へ5番で逃げてボギー。9番、セカンド、右のラフでロスト。ダブルボギー。 17番、2番アイアンで打ち、18番のティー近くまで行き、先行の組に笑われる。ボギー。18番(ティーショット左の写真)3打目(!)3番アイアンでナイス・オン。パー!。

 上がって、ロッジでお風呂に入り、カーメルへ。
ビレッジ・コーナーでパエリア。モントレーのワインをたっぷりいただき、ロッジへ。


9月23日(木)

 朝起きて、ペブルビーチのスタートが7:50と13:50に分かれている(予約時これしかなかった)ので、交渉するもダメ。私たち朝組み、コーヒーショップで朝食、スタート。

 調子がいいのか悪いのかわからないほど、ショットの差が激しい。このコース、うまくいけばずいぶんやさしく、ちょっと狂うとめちゃくちゃ。(ま、ゴルフはソンナモンですが…)
 ショップで黄色いシャツを買って、「なっとくいかんのお〜」とショップのアルバイトにポピーヒルズのスタートを取ってもらい、ポピーへ。

 ポピーヒルズ・ゴルフ・コース(6865Y/P72/rated74.6/GreenFee$85)は林間の長く、難しいコース。カリフォルニア・ゴルフ協会の本部になっているだけあって、ヤワではない。コースにも格調があるR・T・ジョーンズ・Jrの設計。
暗がりの中を上がって、カーメルのコロニアル・テラス・インへ。

9月24日(金)

 朝ご飯は、昨夜スーパーで買った、ご飯となめたけの味噌汁。
Old・Delmonte(6261Y/P72/rated70.8/GreenFee$37)はミシシッピ川以西で一番古いコース。しかし、久しぶりに日本にもありそうな林間のコースでほっとする。コースの周りは高級住宅。朝のうちは霧。
 12時前コースを離れ、、サンフランシスコに2時頃着。昨年のホテルは満室で近くのスターホテル。スクェアのトップゴルフへ買出し。453Bush St.の「Le Central」で、食事。

9月25日(土)

 サンフランシスコ空港SFO)でレンタカーを返し、12:20定刻発—(UA809)—

9月26日(日)

—関西空港17:10